会社を辞めるべきかどうか判断するたった一つのポイント

脱サラ

「会社を辞めたい」

そんなことを考えたことはありませんか?多分、どんな人でも一度は退職を考えたことがあると思います。でも仕事ってそんな簡単に辞められないですよね。

「会社を辞めても今よりいい会社に転職できるかな、、、」
「最低3年は転職するなって言うし、、、」
「他の会社で通用するかな、、、」

といった様々な悩み・不安によって、簡単に退職を決断することはできません。

そこで私が「この一点だけで会社を辞めるべきか判断できるポイント」を皆さんに紹介します。

会社を辞めるべきか判断するポイント

皆さんが会社を辞めるべきかどうか判断するポイントはあなたの心の中にあります。

「会社を辞めたい(願望)」と思っている人はまだその会社で働けます。
「会社を辞めよう(決意)」と一度でも思った人はすぐにその会社を辞めるべきです。

これだけです。

会社を辞めたいと思っているうちはまだまだ働ける

誰しもが「会社を辞めたい」と思ったことがあります。社会に出て働いていれば楽しいこともあれば嫌なこと、苦しいこともあるでしょう。それを乗り越えてみんな働いているのです。

「辞めたい」という願望で留まっているうちは、まだ立ち直れるチャンスがあります。

もちろん「転職するな」と言っている訳ではありません。転職活動をして、もっと待遇の良い会社が見つかればそちらの会社に転職すれば良いと思います。ただし、今いる会社が大手の待遇の良い会社であれば、もう少しその会社で頑張ってみても良いのではないでしょうか。

会社を辞めようと決断した人は即刻辞めるべき

一方で、「会社を辞めたい」という願望が「会社を辞めよう」という決意に変化した人は即刻会社を辞めるべきです。

何故なら、「会社を辞める」と一度でも考えてしまうと、その後どれだけその会社で働いても自身の成長に繋がらないからです。

もちろん、その会社で働き続けることにより知識・技術的に得るものはあるかもしれません。しかし一度「辞める」と考えてしまうと、どんな仕事をしていても「どうせ辞めるから」というマインドに繋がってしまい、仕事への取り組みが疎かになってしまいます。決断力がない人は一度「辞める」と思ってもなかなかそれを会社に伝えられず、ダラダラとその会社に居座り続けてしまいますが、そのダラダラ期間は自身のキャリアにとって無駄でしかないのですぐに転職活動を始めてさっさと会社を辞めましょう。

最後に

私の場合、「辞めよう」と決心してから3年間くらい、上司に言い出せずにグダグダと仕事を続けてしまいました。その間、色々な仕事で様々な経験をしましたが、単純にその業務で使えるだけの知識・経験が増えただけで、人としての総合的な力に成長は無かったと思っています。

皆さんは私みたいに失敗しないように、決断する時はしっかり決断して、自身のキャリアをより良いものにしていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました