大阪のフリーランスは損してる?地方のフリーランスエンジニアはリモート案件を狙え!

フリーランス

東京以外でフリーランスエンジニアをされている方はいますか?

今の条件ってどうでしょう?満足されていますか?

実は東京と地方ではフリーランスエンジニアの契約条件に大きな差があります。そこで今回、私が地方フリーランスエンジニアの狙うべき案件についてお話します。

東京と地方の案件格差

私はまだフリーランス経験1年未満ですが、東京、大阪、名古屋の案件に応募し、それぞれの地域で面談を受けたことがあります。また札幌や福岡で案件を探したこともあります。その経験をもとに各地域の案件状況や単価の肌感についてご紹介します。

参考単価として、私がその地域で初めてオファーを受けた(面談が通った)案件の税込み単価を記載しておきます。

東京

まずは東京。当然ですが、圧倒的に案件量が多いです。単価も各地域で一番高いです。特に事情がなければフリーランスエンジニアは東京で働くべきでしょう。

参考単価:77万円

大阪

次は日本第二の都市大阪。しかし大阪の単価は渋い!私のイメージですが、東京と比較して20~15万円くらい単価が落ちるイメージです。

案件数も東京と比較するとガクッと落ちます。そもそも、フリーランスを使ったりフリーランスになる文化が根付いていないような気がします。

参考単価:60万円

名古屋

お次は名古屋。意外かもしれませんが、名古屋の単価は東京に近いと思います。案件数そのものはあまり多くないかもしれませんが、自動車メーカーやその関連会社の案件が単価・案件数を底上げしているイメージです。

自動車関連向けの案件が多いので、東京と比べるとWEB系の案件より組み込み系の案件の比率が大きいかもしれないですね。

参考単価:77万円

札幌・福岡

札幌、福岡といった地域は大阪から少し単価が下がるイメージです。実際に応募した案件がないので確実な事は分かりませんが、大阪からさらに5~10万円下がる印象です。

募集している案件数もかなり少なく、案件獲得に苦労するのではないでしょうか。

参考単価:50~55万円(推定)

東京のフルリモート案件を狙え

如何でしたでしょうか。私は計4社のエージェントに就業場所不問で案件を紹介してもらった結果、上のような単価で各地域でオファーを貰うことができました。複数のエージェントを使って上のような結果だったので、決してたまたまという訳ではないと思います。

で、ここからが本題なのですが、良い単価の案件は東京に集中しています。そのため、フリーランスエンジニアをやりたい人で、家を持ってるとかでなければ普通に東京に出てきた方が良いです。

どうしても地方から東京に出てこれない場合は東京のフルリモート案件を探しましょう。

職種的にフルリモート案件を探すのが難しいと思っている人もいるかもしれません。でもオンプレメインのインフラエンジニアの私でさえ、フルリモート案件を見つけることができました。プログラマーやクラウドエンジニアなんかは余裕で案件を見つけることができると思います。東京にはたくさんフルリモート案件があります。

鍵となるのは登録地

では地方から東京のフルリモート案件を探すのにはどうしたら良いのでしょうか?

フリーランスエンジニアはエージェントを使って案件を探す人が殆どだと思いますが、エージェントに登録する時に正直に今の居住地を登録するのはやめましょう。

例えば大阪でエージェントに登録してしまうと、大阪の営業担当がついて大阪の案件しか紹介してくれなくなります。

大阪の営業に「東京の案件でもいいです」と言って「分かりました!」と返事されても、まず大阪の案件しか紹介してくれないと思ってください。何故なら、彼らは自身の担当地域の案件にエンジニアを参画させないと利益にならないからです。東京の案件に参画されてしまったら東京の部署の利益になってしまうからです。

最初から東京で案件を探している体で登録し、最初の面談で「東京には住んでいないけど、東京でのリモート案件を探している」と正直に言いましょう。

これであなたも東京のフルリモート案件をゲットできるはず!

最後に

それでは今回の記事の重要なポイントをまとめます。

・地方のフリーランス案件は単価が低い

・東京にはフルリモート案件がたくさんある

・東京の案件を探すことを前提にエージェントに登録

東京に住んでいる人もそうでない人も、高単価案件獲得を目指して頑張っていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました