英語学習者がやりがちな効果のない行動・学習方法3選

英語

英語の勉強って大変ですよね。勉強を続けてもなかなか効果が感じられず、モチベーションの維持に苦労されている方もいると思います。

実際に効果があるのか分からなければ、「これ意味あるのかな?効果あるのかな?」と自身の勉強法に疑問を持ってしまうのは当然だと思います。

そこで今回は英語を勉強している人がやりがちな効果のない or 効果の薄い勉強法・行動についてまとめました。「効果がある勉強法」はいくらでもネット上に転がってると思いますので、勉強法を探している人は他所をあたってください。

効果のない or 効果の薄い勉強法・行動

それでは一つずつ見ていきましょう。

①勉強法を探すことに時間をかける

「どうすれば効率よく勉強できるんだろう?」「どういう本を買えばTOEIC700点取れるんだろう?」と、ブログやYouTubeでひたすら英語学習方法を探したりしていませんか?

確かに効率よい勉強方法を見つけられれば、英語の上達スピードも上がるかもしれません。ただし、英語上達の一番の近道は英語にたくさん触れる事です。英語の記事や英語のYouTubeチャンネルで勉強方法を探すのは良いと思いますが、日本語で勉強方法を探すことにたくさん時間をかけるのは無駄です。モチベーション維持とかでたまに他人がどんな勉強方法をしているのか調べてみるのは良いですが、勉強法の調査に時間をかけるのではなく、英語学習に時間を割くようにしましょう。

②聞き流し学習

英語の聞き流し学習教材ってありますよね。スピードラーニングとか。

聞き流し学習は基本的に「効果が無い・効果が薄い」と言われがちです。私も同感で、「英語を学習している気分」になれるだけだと思っています。

これは聞き流し教材だけでなく海外ドラマ、映画で学習している人にも言える事ですが、ただ漠然と英語を聞いているだけでは何も身に付かないと思います。耳に入ってきた英語を聞いて理解しようとすることで初めて成長に繋がります。

英語を理解しようと意識してリスニングすると、以下のような効果が表れます。

・速い会話に食らいつくことで英語の処理スピードが上がる
・知らなかった英語の使いまわしに気付ける
・知らない単語が出てきた場合、後から調べることでボキャブラリーが広がる

このように理解しようとする意識が学習には不可欠で、英語という「音」を聞いてるだけではかなり学習効果に疑問が残ります。

若干のリスニング力向上につながる可能性はありますが、聞き流さずに集中してリスニング学習した方が圧倒的に効果は高いです。

③英会話から始める

英会話が英語への最短経路だと思い込んで、初心者のうちから英会話を始める人が一定数います。実際、レビューサイトとか見てると「この英会話サービスの講師は初心者向けの人があまりいなかった」だなんてレビューを見る事もあります。

これはお金と時間の無駄だと思うので、即刻辞めた方がいいです。高い料金を払って”My name is Taro.” “How old are you?”みたいな会話したり、曜日(MON,TUE,WED,THU,FRI,SAT,SUN)を対人で覚える意味ってありますか?

英語初心者は、英会話を始める前に中高で扱うレベルの文法・単語を頭に入れるべきです。

「英会話で学習する事それ自体が趣味」という人は構いませんが、そうではなく英語力を高めたい人は日本語の学習書を購入して基本的なレベルをクリアしてから英会話に臨みましょう。

コロナの影響で数は減っていますが、海外留学も同様です。「英会話やってるから」「海外留学したから」というだけで英語が話せるようになると思ったら大間違いです。

さいごに

英語学習の一番の敵は「英語を勉強している気分になる」事だと思います。私たちは英語学習をしたいから勉強しているのではなく、英語力を向上させたいから勉強しているのです。

自分の学習方法を振り替えり、「英語の勉強をしている気分になってる」だけの学習方法がないか、一度振り返ってみると良いかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました